看護師の志望動機サンプルを用意しました

美容クリニックのスタッフ募集の志望動機
転職先として以前より皮膚科の分野に興味がありました。
ハローワークにて募集案内をみたところ、仕事内容、待遇が私の希望と合致したので応募しました。
外科で働いていた経験を活かし、地域の人々に貢献できるよう精一杯働いて行きたいと考えています。

病院へ転職の志望動機
私は幼い頃に入院し、この看護師という職種を知りました。
入院中は一緒に遊んでくれたり励ましてくれたりと、寂しくないように優しく接してくれました。
それがとても嬉しく深く印象に残り、やがて『看護師になりたい』と強く思うようになりました。
また高校生のときに仕事体験に参加し、1日だけでしたがこの職業の楽しさや辛さ、やりがいを感じたのが動機です。

産婦人科に就職の志望動機
学生になり、実習を学習したときに『命』の誕生にとても感動しました。
その実習で生命について深く考えるようになり、生命誕生のサポートや誕生するまで・誕生してからのサポートが出来る人になりたいと思いました。
そのためには妊娠から出産までのサポート体制が整っており、家族が望むお産が出来、出産後も育児についてのサポートといった一貫したサービスを提供をしている貴院が理想です。

がんセンターに転職の志望動機
整形外科病棟に勤務し、主に脊椎や股関節、膝関節に疾患を持つ患者のケアに携わってきました。
術前後のケアについて学び、また幅広い年齢層の患者とのコニュニケーション能力を身につけることができました。
私事ですが、一昨年に父を肺癌で亡くしております。
身近で癌患者の最期までを見てきました。
整形外科では比較的に元気になって退院されていく患者が多いです。
しかし私は自身の体験を通して癌を患った方、またそのご家族のお役に立てたらと強く考えるようになったのが動機でした。
貴院は地域がんセンターが併設されておりますので、その機会が持てるのではないかと思い志望いたしました。

病院勤務を目指す人の志望動機
昔、弟が急性髄膜炎にかかり 緊急入院になったとき、 なんとかしてあげたいと思いながらも何もできない自分に悔しさを感じました。
そのとき、適切に処置してくださり 弟だけでなく私自身もすごく励まされました。
そのとき、私も怪我や病気で傷ついてしまった患者さんのケアを、 医師や技師の方と協力して行うチーム医療の一員として関わり、たくさんの人の役に立つことをしたいと思いました。
精神面においても人の支えになれるような大人になりたいと思いました。

学校を社会人入試で受験する人の志望動機
現在、特別養護老人ホームで介護職員として働いてますが、その夜勤中ある利用者様の容態が急変してしまいました。
私は介護職員として他フロアの職員を呼んだり、医師や看護師へ連絡などをしていたのですが利用者へは不安にさせないよう声を掛け続けることしかできませんでした。
私はその利用者様が今どのような状態なのかの知識もなく、自分の知識のなさ、介護職員であるため何の処置もできない歯がゆさと悔しさが残りました。
それをきっかけにして、自分に知識があれば、いち早く応急処置をして少しでも不安を軽減させることが出来ると思い転職を志望しました。

専門学校入学の志望動機
転職を志望しようと思ったきっかけは、高校2年生のときに入院したときに、看護師さんから身体面だけでなく精神面もサポートし、 私の不安を取り除いてくれました。
そして手術の前日には、看護師さんのおかげで緊張も不安な気持ちもなく安心して眠る事ができました。
退院までの間、患者さんを支えて働いている姿を見て、私も多くの人を勇気づけて役に立ちたいと思うようになりました。
将来は、患者さんに信頼される看護師、臨機応変に行動ができるような人になりたいです。
また、こちらの学校では、実習や講義の合間に医療関係で働く事ができると知り、医療に関する知識・常識を身につける事ができるというところに、魅力を感じたのが志望動機です。

病院勤務を目指す人の志望動機
私の祖母は病気が重篤化しても入院を拒み、住み慣れた自宅から通院をしていました。
周囲に頼れる人は少なく、病状も悪化し自宅で亡くなりました。
離れて暮らしていたために、急変しても倒れて動けなくても気付けませんでした。
このことがきっかけで看護師という医療に携わる仕事をしたいという動機になりました。
その後、病院で看護師体験をさせていただく機会がありました。
指導してくださった先生は、患者さんごとに体の拭き方から、食事の配膳、履き物の位置まで変えていました。
私は驚きと同時に些細なことが患者さんの気分転換やスムーズな動きに繋がると学びました。
また、何気ない話から体調の変化を察して医師に報告する看護師の姿を見ました。
一番近くで患者さんを観察し、支えとなっている姿を見て私も患者さんの支えとなりたいと思ったのが志望動機です。

救急病院へ転職の志望動機
転職するのあたって、私は興味を持ったことは、とことん追求する性格です。
興味を持ったことは、本やインターネットなどで納得できるまで調べるだけではなく、実際に体験したり、人の意見を聞くことで色々視点から物事を考えるようにしています。
看護師の実習中においても、教科書で学んだ事をベースとしつつ、実際の患者と接する事で、患者によっては接し方を変える重要性を学びました。
患者に丁寧に接する事は当たり前ですが、高齢者の患者には、実の祖父・祖母と話すようにする事で、会話がはずみ、自然と笑顔が溢れるようになり笑顔で接してくれました。
県内有数の救急病院であり地域医療との連携充実していることから、最先端の医療医療から地域・在宅医療まで幅広い分野が学べることを魅力に感じたのが志望動機です。
医療現場で看護師として働く事は厳しい事だと思いますが、厳しい顔ばかりをするのではなく、患者と接するときは「笑顔」を心掛け、様々な視点を持ちケアを行い記憶に残るような接し方を心がけていきたいと思います。



スポンサードリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »