この専門看護師制度とは!?

介護の問題を抱えている個人、家族及び集団に対してケアをしていきます。
多くの人に水準の高いサービスを効率よく提供するための専門看護師制度です。
特定の分野の知識・技術を深めた専門家を社会に送り出すことを目的にしています。
さらに、保健医療福祉の発展に貢献し、併せて学問の向上をはかることを狙っています。


各分野の専門看護師業務

1:がん専門看護師
がん専門介護は、がん患者さんの身体的・精神的な苦痛を理解し、患者さんとご家族に対してQOL(生活の質)の視点に立った水準の高い介護を提供するために実践、医療スタッフへのコンサルテーションとコーディネーション、倫理調整、教育、研究活動などを行っています。
日々の活動では、患者さんやご家族が大切になさっているものを尊重し、できる限り自立した生活を送ることができるよう専門看護師が支援します。

がん患者さんとの関わりの中で困っていたり、悩んだり、自信がないとき話を聞いたり。
専門看護師が一緒にカンファレンスをしたりしています。
一緒に方向性を考え、できることをフィードバックします。
そのときに力になれればと思い、家族と関わりを持つようにしています。

がん化学療法や緩和ケア、リンパ浮腫を得意としています。
がん全般を担当、がんに悩む患者さんの課題を抱えている人をサポートしています。
専門の資格取得後もスタッフや他のスペシャリストとの協働、組織としての支援で 成長し続けることができる環境で、緩和ケアチーム、がん相談、腫瘍内科・緩和ケア外来で生活の充実に向けて活動しています。

地域医療連携課に所属し、がん患者さんやご家族、地域の医療従事者の方の相談支援や緩和ケア普及に関する活動に専門看護師が従事しています。
主な活動としては、患者さん・ご家族の意思決定支援、苦痛緩和の援助、倫理的問題の調整、緩和ケアチーム活動などを他の医療従事者と協働しながら行っています。


2:精神科専門の看護師
精神科のリエゾンチームがあり、医師たちと一緒にチームで動くこともあります。
医師との違いは、チームの医師ヘは医師からの依頼で動きます。
依頼で動いて同時に同じ患者さんに関わるケースも、医師だけ私だけが関わるときもあります。

リエゾン専門は、身体と精神との橋渡しをする役割をもっています。
身体介護のエキスパートであるスタッフが、患者や家族の精神保健までアセスメント。
心理・社会的ケアができるように、専門看護師がお手伝い。

患者・家族と医療者の間をつなぎ、連携を図ったり橋渡しをすること。
チーム医療を実現「からだ」と「こころ」をつなぎとめます。
全体的に統合されたケアを提供する意味が「リエゾン」という言葉にあります。

患者の中には自らの意思で入院しているわけではない人もおられます。
また、治療を受けることに不安を感じる人もいます。
その患者の気持ちを詳しく尋ね、困ることを整理、問題を解決するための支援をします。


3:重症患者介護の専門
急性で重症な患者と家族が少しでも早く危機的な状況から脱することができるよう、スタッフとともに患者にあったケアを実践していくことが役割です。
外傷、重症な病、手術により急性変化を辿る患者と家族にとっては、ベッドサイドでの一日一日がその命や生き方を決める貴重な時間です。


4:小児介護の専門
乳児病棟で5年間小児ケアを行ってきました。
小児看護のあり方について追求するため大学院で学び、小児専門になりました。
小児専門の役割は、患者の子どもと家族の療養生活の安定、小児介護のボトムアップを図る。


5:慢性疾患介護の専門
心臓病、糖尿病、腎臓病の病気が重複した慢性病の患者は、様々な困難を抱えて生活。
自分の身体に何が起こっているのか?どうしたらいいのか?わかりにくいはずです。


6:老人介護の専門
高齢者ケアに悩むスタッフからの相談や対応、“高齢者専門外来”で、心身の健康問題の為に生活しづらくなった高齢者や介護に悩む家族のケアを行なっています。


7:母性介護の専門
“母性”ということで、妊娠・出産の時期に産婦人科病棟と外来で活動をしています。
他の医療スタッフとケアの相談や調整を行い、赤ちゃんが生まれた後も、お母さんと家族への介護が継続できるようにサポートしています。


8:感染症介護の専門
感染症専門は、感染防止対策室の専従として患者や家族、そして職員を感染から守るために部署・部門・診療科に特化することなく病院内を横断的に活動しています。


9:家族支援の専門
患者を含む家族本来のセルフケア機能を高め、主体的に問題解決出来るよう身体的、精神的、社会的に支援し、水準の高い介護を提供することが求められています。


10:地域介護の専門
患者や家族に対する直接ケアだけでなく、病棟介護師さんからの相談や院内多職種と院外在宅ケアチーム等の調整、支援させていただく中での倫理調整や研究などにも取り組んでいます。


11:在宅介護の専門
在宅緩和ケア医療や在宅医療に必要な福祉・介護など地域と連携し、そのひとらしく最期まで地域で過ごせるよう実践をしています。



スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|