求人サイトを探すなら

1:知名度があり信頼できる会社が運営している
2:日本各地域の病院の求人情報を掲載している
3:表には出せない非公開の求人案件が多い
4:相談に乗ってくれる専任のコンサルタントがしっかりしている


募集案内を見るときに注意すべきこと

1:経験者限定
即戦力がほしいということ、離職率が高かったり若手を育てる余裕がないかもしれません。

2:正社員のみを求人募集
パートに頼らずに経営したい、または看護師の定着率が高いと考えられます。

3:病院に在籍する職員数
看護師の人数もですが職員数もチェック!職員数が少ないと雑用が増える恐れがあります。


便利な求人サイト

自分に合った求人専門の紹介会社を選ぶことが重要です。
いずれも“厚生労働省許可”“登録と利用が完全無料”の求人専門の紹介会社。
転職事情や病院事情に詳しく、登録後は電話や面談、メールで希望条件を伝えるだけ。

◆ナースフル




◎特長 
企業内看護師、保健、日勤クリニックなど希少な求人に強い。
東京を中心とした主要都市に強い。
一般企業など病院以外の求人を希望している人でも安心。

◆ナースではたらこ




◎特長 
非公開求人が多い。
満足度3年連続第一位
転職が成功したら最大10万円のお祝い金支給あり。
求人情報は全国対応。
◎信頼できるコンサルタントを希望する人に。

ここにあげたところ以外にも多くの求人サイトがあります。
ただ、どうせ探すなら大手で実績があるところは、安心できるというのが本音です。
転職に何を求めているかによって、登録すべき求人サイトは異なります。
結局、転職がうまくいくかどうかって好条件の求人をどうやって入手するかだよね。


転職先として

総合病院・大学病院のような大病院から、地域密着の中小規模の病院、診療所・クリニック、検診機関、介護施設までさまざまな就職先から求人があります。

◆病院の種類、経営母体の違い
病院の種類によって求められる知識・経験・技能・実績が異なります。

・総合病院
経験を積んでスキルアップしたい、バリバリ働きたい人向き。

・大学病院
医師との役割分担が明確で、先進医療に興味がある人向き。

・専門病院
ある特定の病気や症状、臓器など専門分野に詳しくなりたい人向き。

◆経営母体の違い
「公立(国立・県立・市立)」と「民間」に分かれます。

・公立
公務員と同じ扱いになります。
最先端医療に携われる事が多く、スキルアップに適しています。
給与・残業手当、退職金、年金など収入面も充実。

・民間
病院によって、労働条件や給与に差があります。


おもな転職理由

やっている事が古く、三交代が体質に合わず、片頭痛がひどくてイライラするので。
免許を取り、もっと大きな病院で経験を積みたかったので転職。
待遇の不満、残業代不払い、経営者への不満などが相まって・・・
本音では、人間関係(いじめ・パワハラ)、労働環境の不備(休日、残業手当含む)、上司・経営者への不満、給与・待遇の不満、仕事内容への不安・不満が多いです。

すぐにでも辞めたいという人は、もしかしたら今いる診療科が合っていないだけかも。
診療科によって詰所の雰囲気も随分違います。
辞めてしまう前に、ダメもとで一度転職してみるのがいいかもしれませんね。

転職を成功させるには、前向きな理由が必要です。
職場が嫌だからとか勤務がきついからという理由だけでは、物足りません。
ぜひ積極的な理由を探して、転職活動を頑張っていきましょう!



スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |