厚生労働省が発表している看護師国家試験合格率

合格率の発表の推移をみると合格率は90パーセント前後

看護師国家試験の出題傾向
・必修問題の導入
・試験時間の延長
・相対基準と絶対基準の導入
・試験問題のプール制(過去問から良質とされた問題を繰り返し出題)

国家試験の回数を重ねるほど試験問題が変化していく
計算問題における非選択式形式
状況設定問題における2連問が導入
今までなかった新たな問題が出題されています

必修問題以外の問題に対して相対基準
その回の受験生の得点分布から成績順で合否を決める
試験の難易度による合格率の大幅な変動を回避する
新規の看護師を安定供給という厚生労働省の意図があります

合格率に関しては、今後も大きく変わることはないでしょう
難易度も年によって多少の変動はあるかもしれません
今後も極端に難しくなるな難しくなるとは考えにくいと想像できます



スポンサードリンク
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »